読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの健康生活

我が家の愛犬とアラフォーママの日常を綴っています。

犬が嫌いで犬を飼った⇒しつけ本なんて当てにならない

犬が嫌い

犬が苦手、

というか嫌いで

犬を飼いました。

犬が嫌いでも

犬を飼って愛犬家になれます!(^^)!

犬が嫌いでも犬が飼える

具体的な方法は

こちらの記事をどうぞ。

犬が嫌いでも犬が飼える方法

そんな風に初めての犬、

トイプードルを我が家に迎え、

本格的な生活が始まりました。

実際に飼ってわかったことは、

きちんとしつけをしておけば、

好きになるスピードはどんどん上がります。

やっぱりしつけは大事です。

で、その時に参考にしたのが

しつけの本やネットでの情報ですが、

読めば読むほど、

知れば知るほど

どれを信じたらいいのかわからなくなるくらい、

別々のことが書いてありました。

(この辺は子育てと同じです)

 

大きく分けると2つの主張があったように思います。

一つ目は、わんちゃんは自由にさせた方がいい、

ゲージやハウスに閉じ込めておくなんてかわいそう。

もう一つはゲージやハウスを使って

しつけをしていきましょう、という主張。

 

元々犬嫌いだった私は後者を選択。

4か月で迎えたトイプードルの最初のしつけは

もちろんトイレですが、

3時間ハウス⇒トイレに誘導⇒

できたら褒める⇒遊ぶ(この間30分から1時間ほど)

⇒ハウスで休む、を

ひたすら繰り返しました。

 

そしたら、

あっという間に覚えるんですね♪

 

それ以来、我が家は

ハウスがメイン、

合間にトイレ、室内遊び、散歩、

という生活をしています。

 

もちろん今では8時間近くの

お留守番もきっちりできます。

 

ハウス(クレート)を使って

人間が犬をコントロールできるようになると、

自分の都合のよい時だけ

犬と関わることができます。

私は、初めて犬を飼いましたが、

犬は人間の子供とは違うし、

人間より下の位置づけだし、

人間がきっちりとコントロールすれば、

犬はそれをちゃんと理解できる

賢い動物なのだと知りました。

 

自分のコントロール下に置けるようになれば、

どんどんかわいくなってきて

どんどん愛犬家になっていけます♪

 

しつけについて、

また犬の飼い方についての情報で、

私のような飼い方をしていると、

犬がかわいそうだ、

閉じ込めっぱなしだなんて、

という意見が圧倒的に多いような

気がしますが、

私は人間と犬が、

互いにストレスなく暮らせる

我が家のルール作り、

というのが大切なのではないかと思っています。

間違ってはいけないのは

「互いに」ですね。

両者がいい関係でいる環境づくり。

これに尽きると思います。

 

いろいろな情報に惑わされず、

基本的な食事・ケア・排泄さえ

守っていれば、

あとは肩の力を抜いていいんだなぁと、

知ることができました♪

 

これからも大切に

仲よく暮らしていきます。