うちの健康生活

我が家の愛犬とアラフォーママの日常を綴っています。

寝る時の姿勢

夜寝るときにどういう体勢で寝るから気をつけていますか。寝方が悪いと顔の老化の原因になってきます。例えばうつぶせで寝る、枕の高さが合わず朝首が疲れている、寝ながらすまほーチェックしている、いつも同じ向きで寝ている、寝返りをほとんどしない、睡眠中にはう食いしばるなど寝るときの行為に思い当たる方は寝方を変えないと顔の老化の原因になってきます。例えばシワやたるみ、首の横じわや二重あご、浮腫、歪み、法令線、シミくすみ、眉間のシワなどの原因になります。肌のエイジングのためには寝方を変えるのも1つの手段です。顔の老化を早めない正しい寝方をいくつか紹介していきます。寝るときの寝返りと言うのはとても大切なことです。寝返りしやすいシングに全治するというのも1つの方法です。枕やマットレスが柔らかすぎると体が沈んで寝返りが打ちにくくなります。また深部の幅が狭かったり寝具を壁にくっつけていると寝返りがしにくくなります。またパートナーやペットと同じ布団だとスペースに余裕がなく寝返りができません。また寝る前に柔軟体操して体の柔軟性を高め寝返りがスムーズにできやすくします。また就寝前に湯船にしっかりと使って心や体の凝りをほぐしてください。リラックスした状態で眠ることが大切です。また寝る前の肌に潤いをたっぷり補ってください。睡眠中はお肌が再生する時間帯です。ゴールデンタイムとも呼ばれますね。寝ている間のアンチエイジング効果を期待してください。また翌朝起きてしまって起きた後にむくみや小じわなどを感じたときには軽くマッサージしたり蒸しタオルでスチームをしてすぐにケアすることが大切です。寝方というのは体の老化につながっていきます。正しい寝方でアンチエイジングをしてみませんか。

【中学生の化粧品】ニキビ・日焼け対策・美白〜悩み別基礎化粧品選び